快適な入浴のために|暖かい空間でお風呂を楽しもう|浴室暖房だと快適空間が作れる

暖かい空間でお風呂を楽しもう|浴室暖房だと快適空間が作れる

作業員

快適な入浴のために

浴槽

風呂バリアフリーのススメ

入浴中の事故による高齢者の死者数は年々増加傾向にあり、埼玉西部消防組合の管轄内だけで見てみても平成25年度の浴室内で事故に遭われた方の人数は173名、そのなかでも65歳以上の高齢者が130名も含まれているというのですから驚きです。こうした事故を防ぐため、今埼玉県をはじめとする全国各地では「風呂リフォーム」を行う世帯が増えています。これは浴室と脱衣所との気温差をなくすことによりヒートショックを防いだり、浴室内の段差をなくすことで転倒事故を防ぐという効果が期待されます。また、浴室というのはカビの温床にもなりやすく、これが健康を害する危険性も考えられますので、1度全てを綺麗に、そして使いやすくすることで温浴効果やリラックス効果が高まる可能性があるといわれています。

トラブルを回避する方法

風呂リフォームの際に気を付けて頂きたいのは、1社だけの見積もりで決めるのは危険という点です。風呂リフォームは浴室の広さや住人の方の希望による完全オーダーメイドです。従って、いくつかの業者に見積もりを依頼し、ご自身が最適だと判断した業者に工事をお願いしましょう。なお、インターネットで調べると埼玉県内で風呂リフォームを行っている業者の一覧なども見られますので、参考にしてみましょう。また出来れば埼玉県内のショールームなどに足を運び、リフォーム後のお風呂のイメージを決めておくのもお勧めです。こうしてリフォームが決定したら工事当日までに浴室内にあるシャンプーや石鹸などといったアイテムは出来る限り別の場所に移し、玄関から浴室に至るまでの空間は綺麗にしておきましょう。こうすることで工事がスムーズにスタートし、職人さんにも気持ちよく仕事をして頂けます。なぜ依頼者側が気を使うのかと疑問視されるかもしれませんが、後のトラブルを回避するためにも、こうしたことは重要なのです。